ウォーターサーバーの設置費用はどれくらい?

私たちの体の源はお水

水って大事ですよね。だからこそ

設置費用などコスト面で気になることはあるかと思いますが、それだけでなく知っとかなくてはいけないことが他にもあります。 使う前にメリット、デメリットを確認し、本当に自分に必要かを明確にしてください。 あとあと「あれ、こんなの知らなかった…」と後悔したくないですもんね。

ウォーターサーバーを使う前に

皆さんこんにちわ、常に水分補給は欠かさない僕です。
普段飲み物って何飲まれてますか?
お茶、ジュース、炭酸ドリンク、お酒。
僕はお水ですね。
上の三つだって元は水が使われてますよね?
ベースとなる水はとても大事です。
人間の体も水分が60%を占めてますから、体内に取り入れる水だって少しこだわりたくないですか?
最近は地震なんかの災害で断水により水が確保できず、苦労した思いの人も多数いるはずです。
僕もその一人です。
もちろん備蓄してる水なんてないですし、公園や給水所で水をくむか、もしくは買いに行くしかありません。
けれどそんな震災時には自分以外にも他に多数の水などを求める人がいらっしゃいますよね?
下手したら自分に当たらないことだってあります。
そんな時、少しでも負担や心配を減らすことのできる物はやはり蓄えである備蓄品ですよね?
外に出る必要もありませんし、気持ちも楽です。
そこで注目してほしいのがウォーターサーバーです。
断水してても電気が通っていれば、お湯も使えますし、冷たいお水も飲めます。
1つのボトルで12リットルなので、しばらく長持ちしますし、用途は色々です。
最悪停電でサーバーが使えなくても、水は飲めます。
そんなウォーターサーバーはもちろん普段使いだってかなり便利なものです。
もはや必需品感覚の人だっていますよね。
「便利だってわかってるけど高くつくんじゃないの?」と懸念してる人は多いでしょう。
コストに関して言えば様々です。業者や種類などによって誤差はあります。
こちらのサイトではその種類や費用面などに関して紹介していきます。




種類について

ウォーターサーバーと一概に言っても、ボトルやお水、サーバー機には種類があります。 皆さんパット聞いたかんじあまりイメージできないですよね? まぁ硬水とか軟水とかありますよね? それと近しいかんじです。 その種類によっても変わる部分があるのでぜひ比較してはいかがでしょうか?

コスト面など

色々ご紹介してきましたが、やはり一番の気になる点は費用などのコスト面ですよね? どれだけ水の質が良かろうが、使い勝手がよかろうが、それを購入、維持するためのコストがアレでは使う人もそんなに出てこないでしょう。 皆さんはどんな印象を受けるでしょうか。 「意外と安い、高い」どちらでしょう。

TOPへ戻る