>

種類について

まずは水について

メーカーさんが扱っているお水にはいくつか種類があります。
それは天然水、RO水、デザインウォーターの三つになります。
皆さんご存知だと思いますが、天然水は特定の水源地から採水された地下水が原料となっており地層のミネラル分が溶け出して含有された水のことです。
科学的な処理はしないで、ろ過、沈殿、加熱処理をしているので安心して頂けます。
次にRO水です。
RO膜と呼ばれているミクロレベルのフィルターを通してろ過された水です。さらに通常のろ過では除去しきれない微細な不純物も除いています。
なので、ミネラル分は一切含まれていません。
純粋に近い水なのでピュアウォーターとも呼ばれています。
最後にデザインウォーターです。
こちらは先ほどのRO水に後から人工的にミネラル分を添加と調整したお水です。

ボトルとサーバー機

まず水の入っているボトルですが二つあります。
環境に優しいリターナブルとかさばらないワンウェイボトルです。
リターナブルボトルは、水の入ったボトルを配送し、飲んで使い切ったボトルを回収します。
洗って使用するため、しっかりとしたボトルであることが特徴です。
なによりゴミが出ないのでとてもエコですよね?
ですが、ボトルが回収されるまでは家に置いておく必要があるのでサーバーの置き場所以外にボトルの置き場所も確保する必要があります。
そしてその次ワンウェイボトルですが、使い終わった後はそのまま捨てられることです。
小さくつぶして捨てられる物が多く、ごみとしてもかさばりません。
ですがボトルが少し柔らかいので、多少セットしにくいと思う人もいるかもしれません。


TOPへ戻る